講座紹介

当講座のホームページにようこそ!

私たちは微生物学、免疫学そして感染症学の研究や教育を通じてその奥深さや面白さを次世代に伝え、さらにはそれを継承する人物を育成することを目標に活動しています。

当分野は、1929年故田澤芳三郎教授のご就任により発足した細菌学講座に端を発します。1966年には第二代教授として川名林治教授が、1994年には佐藤成大教授が着任され、微生物学と免疫学の研究を発展させてこられました。2014年8月からは私、村木が担当させていただいております。この間、大学組織の改編に伴い、2011年から微生物学講座 感染症学・免疫学分野と名称が変更になりましたが、開講以来の精神を引き継ぎ、今日に至ります。

20世紀末から、人類は新しい感染症(新興感染症)やすでに制圧されたとされていた感染症の再来(再興感染症)に遭遇しています。このことから21世紀は感染症の時代とも言われています。このような状況下で、当分野では、微生物学および免疫学の観点から感染症の原因やその制御法を解明することを主な目標としています。

今日、感染症対策には多様な人材の参加が望まれています。当分野では大学院生、研究生、研修生など幅広く人材を受け入れています。微生物、免疫、感染症などに興味をお持ちの方は下記のメールアドレスまでお気軽にご相談ください。

微生物学講座 感染症学・免疫学分野
教授 村木 靖

所在地 アクセス

岩手医科大学 医学部 微生物学講座 感染症学・免疫学分野
〒028-3694 岩手県紫波郡矢巾町西徳田2-1-1
TEL: 019-651-5111(内線5792)
FAX: 019-908-8025

Division of Infectious Diseases and Immunology
Department of Microbiology
School of Medicine, Iwate Medical University
2-1-1 Nishitokuta, Yahaba, Iwate 028-3694, Japan
TEL: +81-19-651-5111 (ext.5792)
FAX: +81-19-908-8025

大学院生募集

当研究室では、ウイルス学や免疫学に興味を持つ意欲ある大学院生を募集しています。

本学には社会人大学院生の制度もあり、働きながら学位を取得することが可能です。

募集要項や出願方法はリンク先にてご確認ください。

なお研究室見学は随時受け付けております。

興味を持たれた方は、まずはメールでお問い合わせください。


研究室の日常風景

BSL2第1実験室

BSL2第2実験室

一般実験室

低温実験室/フリーザー室/共有実験室

洗浄室

ミーティング室

スタッフ室