研究業績

2020年 | 2019年 | 2018年 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年

2014年(2014年8月〜12月)

学術論文[英文]

原著

  1. Zhou M, Osanai K, Kobayashi M, Oikawa T, Nakagawa K, Mizuno S, Muraki Y, Toga H.: Adenovector-mediated gene transfer of lysophosphatidylcholine acyltransferase 1 attenuates oleic acid-induced acute lung injury in rats. Crit Care Med. 42 (11): e716-e724 (2014)
  2. Matsuzaki Y, Sugawara K, Abiko C, Ikeda T, Aoki Y, Mizuta K, Katsushima N, Katsushima F, Katsushima Y, Itagaki T, Shimotai Y, Hongo S, Muraki Y, Nishimura H.: Epidemiological information regarding the periodic epidemics of influenza C virus in Japan (1996–2013) and the seroprevalence of antibodies to different antigenic groups. J Clin Virol. 61 (1): 87-93 (2014)
  3. Shimizu A, Himeda T, Okuwa T, Muraki Y, Ohara Y.: Role(s) of Leader protein of Saffold virus. Clin Exp Neuroimmunol. 5: 362–366 (2014)
  4. Sasaki Y, Kakisaka M, Chutiwitoonchai N, Tajima S, Hikono H, Saito T, Aida Y.: Identification of a novel multiple kinase inhibitor with protein antiviral activity against influenza virus by reducing viral polymerase activity. Biochem Biophys Res Commun. 450 (1): 49-54 (2014)

学術論文[和文]

原著

  1. 吉野直人、高橋尚子、伊藤由子、竹下亮輔、杉山徹、喜多恒和、外川正生、戸谷良造、稲葉憲之、和田裕一、塚原優己:診療所と病院における妊婦HIVスクリーニング検査の比較.日本エイズ学会誌.16(1):12-17 (2014)
  2. 竹下亮輔、吉野直人、佐々木裕、松川直美、利部正裕、佐藤成大、杉山徹:経鼻免疫によるサーファクチンのアジュバント効果の検討.岩手医学雑誌.66(1): 23-35 (2014)
  3. 齋藤達憲、吉野直人、三浦雄吉、松川直美、竹下亮輔、利部正裕:oncolytic herpes simplex virus-1を用いた子宮頸がんに対する新規ウイルス療法の基礎的研究.岩手医学雑誌.66(4): 143-152 (2014)
  4. 及川瑞城、松川和重、一條宏、佐々木裕、佐藤成大:Gardnerella vaginalis ATCC49145株のゲノムシーケンスと比較ゲノム解析.岩手医学雑誌.66(5):185-197 (2014)

総説

  1. 塚原優己、喜多恒和、外川正生、吉野直人、谷口晴記:【女性と感染症Up to Date】 HIV感染症.産科と婦人科.81(4): 468-472 (2014)

国際学会発表

一般講演

  1. Akazi K, Wada Y, Oosawa S, Suzuki T, Gomibuchi H, Hasuo Y, Hayashi K, Yaniguchi H, Yoshino N, Kita T, Togawa M, Ooshima K, Inaba N, Tsukahara Y.: The role of perinatal medical center for treating HIV-infected pregnant women with premature delivery in Japan. 41st Fetal and Neonatal Physiological Society Annual Meeting. Aug, 2014. Saint Vincent, Italy.

国内学会発表(全国)

招聘講演等

  1. 村木靖:インフルエンザウイルス-その生態と最近の話題-.第19回日本神経感染症学会総会学術集会.
    2014年9月.金沢.

一般講演

  1. 村木靖、大桑孝子、野田岳志、姫田敏樹、本郷誠治、大原義朗:C 型インフルエンザウイルスのM 遺伝子のsplicing 効率が粒子の形態に与える影響.第62回日本ウイルス学会学術集会.2014年11月.横浜.
  2. 大桑孝子、村木靖、姫田敏樹、大原義朗:レセプター結合部位に変異をもつC 型インフルエンザウイルスHEF 蛋白の解析.第62回日本ウイルス学会学術集会.2014年11月.横浜.
  3. 下平義隆、後藤崇成、松嵜葉子、村木靖、菅原勘悦、本郷誠治:C 型インフルエンザウイルスNS1 タンパク質の核移行及び核外移行シグナルの解析.第62回日本ウイルス学会学術集会.2014年11月.横浜.
  4. 姫田敏樹、大桑孝子、村木靖、大原義朗:1 型糖尿病剖検例における抗Saffold ウイルス抗体染色性.第62回日本ウイルス学会学術集会.2014年11月.横浜.
  5. 塩浜康雄、姫田敏樹、大桑孝子、村木靖、谷浦直子、大原義朗、齊藤峰輝:タイラーマウス脳脊髄炎ウイルス非構成蛋白による細胞死制御機構.第62回日本ウイルス学会学術集会.2014年11月.横浜.
  6. 吉野直人、喜多恒和、高橋尚子、伊藤由子、杉山徹、竹下亮輔、外川正生、戸谷良造、稲葉憲之、和田裕一、塚原優己:妊婦HIVスクリーニング検査実施率と他の感染症検査との比較.第28回日本エイズ学会.2014年12月.大阪.
  7. 杉浦敦、喜多恒和、藤田綾、吉野直人、外川正生、塚原優己:最近5年間のHIV感染妊娠とその背景に関する検討.第28回日本エイズ学会.2014年12月.大阪.
  8. 喜多恒和、吉野直人、外川正生、杉浦敦、藤田綾、高橋尚子、中西美紗緒、箕浦茂樹、松田秀雄、高野政志、桃原祥人、小林裕幸、佐久本薫、太田寛、石橋理子、大島教子、明城光三、戸谷良造、稲葉憲之、和田裕一、塚原優己:わが国におけるHIV感染妊娠857例の臨床的疫学的検討.第28回日本エイズ学会.2014年12月.大阪.
  9. 明城光三、大沢昌二、鈴木智子、蓮尾泰之、五味渕秀人、林 公一、谷口晴記、喜多恒和、外川正生、吉野直人、大島教子、稲葉憲之、和田裕一、塚原優己:HIV感染妊婦診療における周産期母子医療センターの役割.第28回日本エイズ学会.2014年12月.大阪.
  10. 竹下亮輔、吉野直人、喜多恒和、伊藤由子、杉山徹、外川正生、戸谷良造、稲葉憲之、和田裕一、塚原優己:我が国の病院における妊婦HIVスクリーニング検査の現状と他のスクリーニング検査との比較.第27回日本性感染症学会.2014年12月.神戸.

国内学会発表(地方会関係)

招聘講演等

  1. 村木靖:最近のウイルス感染症について.岩手県臨床衛生検査技師会 平成26年度感染制御部門研修会.
    2014年12月.盛岡.

一般講演

  1. 村木靖、大桑孝子、野田岳志、姫田敏樹、本郷誠治、大原義朗:C型インフルエンザウイルスのM遺伝子のsplicing効率が粒子の形態に与える影響.第68回日本細菌学会東北支部総会.2014年8月.仙台.
  2. 後藤崇成、下平義隆、松嵜葉子、村木靖,邵力、菅原勘悦,本郷誠治:C型インフルエンザウイルスCM2タンパク質のリン酸化がゲノムパッケージングに及ぼす影響.第68回日本細菌学会東北支部総会.2014年8月.仙台.
  3. 下平義隆、後藤崇成、松嵜葉子、村木靖、菅原勘悦、本郷誠治:C型インフルエンザウイルスNS1タンパク質の核移行及び核外移行シグナル.第68回日本細菌学会東北支部総会.2014年8月.仙台.
  4. 姫田敏樹、大桑孝子、村木靖、大原義朗:1型糖尿病を対象としたSaffoldウイルス感染の検索.第68回日本細菌学会東北支部総会.2014年8月.仙台.